前へ
次へ

鍼灸治療を行うための資格は、国家資格が必要

鍼灸治療を行うためには、はり師ときゅう師の国家資格を必要とします。第三者が、人に傷つける行為は医療行為にあたるため、資格の無い人が行ってはなりません。専門学校や大学で学ぶ内容であり、盲学校でも学ぶことが可能です。鍼灸治療には、はり師ときゅう師意外にも、あん摩マッサージ指圧師の資格があり、三つの資格を持つものを三療師と呼ばれています。ただし、あんまマッサージ指圧師の資格がなくても、他の2つの資格を持ち合わせていれば開業できるため、実際の話は、三療師と呼ばれる人が非常に少ないと言われているのです。厳密に言えば、あん摩マッサージ指圧師の資格がなければ違法ですが、エステなどのマッサージが裁判で認められる判決も出ており、資格が無い人が鍼灸治療を行っているのも存在します。ただし、知識として持ち合わせている人も多く存在し、それほど大きな問題として扱われていません。鍼灸治療のマッサージにおいては、時代に合った法改正が必要であり、規制を緩和する提言などもされているのです。

Page Top